かずひさ

Hello world!

一般社団法人(になる予定)わくわく(仮)を始動します。

今後の活動を展開するにあたって、土台となるメディアが欲しいと思い、最初の事業として、ブログを立ち上げました。

とりあえず、続くかどうかもわかりませんので、ドメインも取らず、先ずはこのまま試験走行して、ある程度続けられそうな展望が見えてきたら、本腰を入れたいと思います。

即ち仮です。

かずひさ

かずひさ

宗教家。 代々神主の家系に生まれ、とある神社の神主として神に仕えている。 また、高野山真言宗にて得度した行者でもある。 10代の頃から霊聴を聴くようになる。 2016年、自己流でのチャクラ修行に失敗し、その報いとしてバセドウ病を患い、発見された時は末期で死の寸前だった。 何がダメだったのかを自分なりに反省し、気を取り直して修行を再開。 2016年11月、止観瞑想の末、身体の浮遊を体感、赤い曼荼羅を見る。 2017年4月大日如来の教えに導かれて悟りを開き、「空」の意味を理解する。 それは単に「無」の意味ではない事がわかった。 また、私が開いた悟りは仏の悟りのほんの第一段階に過ぎない事も理解している。