【おすすめ漫画】凪のお暇

オススメの漫画をご紹介します!

『凪のお暇』です。

あらすじ

大島凪、28歳、OL。

東京砂漠で「空気を読む」ことを第一に考えてきました。

角をたてず、見た目も服装も言動も気を使う日々。唯一の趣味は「節約」。

でもそんな日常って「なんだかなあ」。

「みんなが憧れるエース」の彼氏の心ない一言や、女子同僚たちの裏でのいじめに耐えかね、過呼吸で倒れてしまいます。

それをきっかけに全てをすてて新規一転、郊外のオンボロアパートで暮らし始めました。

そこで出会った個性的な仲間たちとの出会いによって、本当の自分を取り戻していく物語です。

私の好きな「自己犠牲お母さん」シーン

主人公のお母さんが自己犠牲するシーン。

「好きなシーン」というより、「学びが多いシーン」とも言えます。

 

主人公の凪に心の中で「こんな風に生きてはだめだよ」というシーンがありますが、

いやいや、あんたこそ、今すぐそんなところから離れろよ!

と言いたい。

 

凪に「助けて」と言ってるが、

いやいや、あんたが勝手に不幸なのを、巻き込むなよ!

と言いたい。

 

心が世界を作るんですよ。

あなたが不幸だから、あなたの見ている世界は不幸なのです。

 

幸せになりたければ、幸せな世界が見たければ、まず幸せになること。

 

ま、これが簡単にはできないから、みんな苦しむんでしょうけど。

 

やっとの思いで逃げれた時には、「なんだ、こんな簡単なことで悩んでたのか」って思うんですけどね。

 

続きが気になる方はぜひ読んでみてください。

オススメです。

凪のお暇

コナリミサト(著)