Word PressでCustom Permalinksプラグインを使わずにカスタムパーマリンクを設定する方法

Word Pressでサイトを構築する際、パーマリンクをオリジナルにしたい時ってありますよね。

パーマリンクとは、いわばURLの基本構造の事です。

 

この記事だと、「https://www.megurilab.com/?p=10651」というURLのはずです。

つまり、「https://www.megurilab.com/?p=XXXX」というのが本ブログのパーマリンク構造になります。

 

 

っていうか、「?p=」ってなんか微妙じゃないですか?

 

ブログ運営されている方でパーマリンクをもっといい感じにしたい!

「?p=」を取って、数字とかじゃなく、「https://www.megurilab.com/welcome」みたいにしたい!

という方も多いと思います。

 

 

そんな場合、「Custom Permalinks」というプラグインを使うとオリジナルのパーマリンクを設定できちゃいます。

Custom Permalinks

 

「Custom Permalinks」はWord Press管理画面のプラグインから検索すると出てきます。

 

 

このプラグインを使うと、

例えば、デフォルトだと「https://www.megurilab.com/?page_id=XXXX」といった形のリンクを「https://megurilab.com/welcome」みたいな感じにできます。

 

へんな数字よりも、かわいいですよね。

まあ、別に、気にしない人はいいんですが、かわいいオリジナルのURLを作りたい人はぜひ。

 

 

ちなみに、ぼく個人的にはWordPress特有の「?p=XXXX」的なパーマリンクが気に入ってるので、このブログではそのまま使っていたりします。

 

プラグインを使わずに、パーマリンクをオリジナルにする方法

そんなオリジナルのパーマリンクですが、実は、「Custom Permalinks」を使わなくても、Word Pressの元々の機能でできちゃったりします

 

やり方は簡単。

管理画面→設定→パーマリンク設定を開いてください。

デフォルトでは「基本」にチェックが入っていると思います。

それを「カスタム構造」に切り替えます。

テキストボックス内を編集するのですが、

おすすめは、「/%postname%/」か、「/%post_id%/」です。

 

/%postname%/

/%postname%/にすると、記事投稿画面で自由に設定できます。

日本語もローマ字も使えます。

例)https://www.megurilab.com/?page_id=123 → https://www.megurilab.com/自由に設定

 

/%post_id%/

/%post_id%/にすると数字ベースになります。

 

例)https://www.megurilab.com/?page_id=123 → https://www.megurilab.com/123

 

いずれもページは自由に設定できるようになる

WorpPressは記事とページに別れていますが、

パーマリンクをカスタム構造にすると、ページに関しては自由にパーマリンクを設定できるようになります。

 

例)https://www.megurilab.com/?page_id=123 → https://www.megurilab.com/welcome

 

記事のパーマリンクをいちいち考えるのがめんどくさい場合は、記事は数字ベースにして、ページだけオリジナルのリンクを設定できるようにしたら、サイトっぽくなりますよね。

 

 

ちなみに、ぼくが運営している「ブッダかずひさ.COM」はそんな感じで設定しています。

ブッダかずひさ.COM

 

?p=XXXXという構造のまま、カスタム構造を設定してみた

このブログですが、記事の部分は?p=XXXXという基本構造のまま、ページ部分だけカスタムリンクが使えないかな〜と思って、設定してみました。

(記事のパーマリンク構造を変えてはいけない理由は、検索エンジンで表示されるのがリセットされてしまうからです。)

 

「?p=」という謎の記号はそのままに、その後に「%post_id%」の関数が入るという構造です。

 

実際にやってみると、表示に関しては成功しました。

 

しかし、管理画面から記事一覧を表示してみるとバグりました。

あちゃ〜

サイト自体は問題ないとしても、これだとブログを管理するのが大変です。(というか不可能)

 

 

なので、?p=XXXXという構造のまま、カスタム構造を設定したい場合は、大人しく「Custom Permalinks」プラグインを使うのがよさそうです。

 

ちなみに「Custom Permalinks」プラグインはバグが多い

ちなみになんですが、「Custom Permalinks」プラグインはわりとバグが多いので、たまにちゃんとカスタムパーマリンクが作動しているかチェックしないといけないという難点があったりします。

また、テーマや他のプラグインとの干渉で、うまく作動しない場合もあるでしょう。

 

Custom Permalinksのバグの対処法についてはこちらにも書いています↓

【WordPress】バグ&対策集