かずひさ

【四柱推命】初級者〜中級者が必ず読むべき四柱推命の本

四柱推命は的中率だけでなく問題解決の為の方法が具体的に提示される事から、間違いなく占いの王様です。

しかしその反面、流派の細分化が激しく、多種多様な方法論で実践されており、全体の統一が取れていません。

四柱推命は本によって内容が違う

四柱推命は本によって内容が違います。

例えば、二冊の本を手に取ったとき、書かれている事が少し違う、あるいは全く別の占術ではないかと思うほど全く違うといった事は、四柱推命界では当たり前です。

むしろ全く同じ理論で書かれている本は二冊と存在しません。

こうした状況の中で、どれが本当の四柱推命なのか、読者は路頭に迷ってしまいます。

しかしながら、最低限この条件を満たしている本を読むべきという指標は存在します。

日本式の四柱推命は読むな

特に日本においてはいわゆる「日本式の四柱推命」というジャンルが存在します。

結論をいえば、初心者は特に、日本式の四柱推命の本は読むべきではありません。

本物の四柱推命を学びたい場合は、中国・台湾直輸入の理論が採用された本を読むべきです。

日本式の四柱推命とは、日本における四柱推命の黎明期にまだ未熟だった阿部泰山という人が広めたものです。

阿部泰山は晩年には全てを悟り、百発百中の境地に達したと言われていますが、現存する日本式の四柱推命は百発百中の阿部泰山ではなく、未熟だった頃の阿部泰山が広めた四柱推命であるため、理論として未熟です。

しかし理論として未熟ではあったものの、昭和の初期に流行の力で拡がり、その名残で今でも日本式の四柱推命の理論で書かれている本は数多くあります。

しかしながら、四柱推命の本にはそれが日本式の四柱推命である事はどこにも表示されていません。

ではどうやって見分ければ良いのでしょうか?

日本式の四柱推命の見分け方

日本式の四柱推命を見分ける方法は幾つかありますが、先ず、「格局」の説明が成されていません。

「喜忌」の捉え方も曖昧で、吉凶がはっきりしません。

行運の見方が「印綬の年は云々」、「比肩の年は云々」など、変通星の象意一辺倒で占います。

あるいは「天乙貴人」、「天中殺」など、四柱推命の本質から外れた、神殺やマイナールールなどが命式の特徴を大きく左右するかのようにピックアップされます。

こうした占い方は本来の四柱推命ではなく、どちらかというと紫微斗数に近いものがあり、だとするならば、扱う星の少なさから、紫微斗数に劣ります。

本物の四柱推命は吉凶をはっきり出す

本来の四柱推命は「喜忌」の概念が重要視されます。

つまり、喜ぶべきか、忌むべきか、吉なのか、凶なのか、良いのか悪いのかをズバ!っと鋭く判断する事が四柱推命の本分なのです。

ここでは、吉凶をはっきりと出す、中国・台湾式の本物の四柱推命の流れを汲んで書かれている四柱推命の本をご紹介します。

もちろんこれらの書籍は日本の出版社から発行されており、日本語で書かれていますので、ご安心ください。

ここでは本物の四柱推命の本を紹介

ここで紹介する本は以下の条件を満たしています。

  • 格局について書かれている
  • 用神について書かれている
  • 喜神、忌神について書かれている

これらの条件は、中国・台湾式の四柱推命の流れを汲んでいる事の最低条件であるといえます。

つまり、この条件を満たしていれば、最低限、本物の四柱推命の系統であるといえます。

もちろん、ディテールの部分については本によって差異はあります。

ただ、最低限、「格局」、「用神」、「喜神」、「忌神」について言及していなければ、そもそも四柱推命とはいえません。

例えば占術家同士の会話で「この命式は何格だろうか?」という話になった時に「格局?何それ?」では、根本的な部分で話しになりません。

したがって、「格局」、「用神」、「喜神」、「忌神」を最低限理解した上で、他の部分の細かな違いについて比較対照したり、議論するというのが、健全な四柱推命の学び方なのです。

現在書店で手に入るおすすめの本

四柱推命は難しいと言われており、実際難易度は高いですが、占術としての性能は抜群で、日本でもかなり人気のある占術です。

本も沢山出ており、既に廃盤になっているものもありますが、ここでは、現在手に入る、あるいは廃盤であっても、比較的新しく、古本などで手に入り易いおすすめの本をご紹介いたします。

日本で一番わかりやすい四柱推命の本 / 林秀静(著)

本当にわかりやすく、なおかつしっかりと「格局」「用神」「喜神」「忌神」の説明がされています。

フルカラーで絵柄も多く、楽しみながら、四柱推命の基本的な理論を理解することができます。

この書を読むだけでは一流の鑑定を出来るようにはなれませんが、一通り学んだ後には、改めてこの本の凄さが理解できるでしょう。

一番最初の入門書としてオススメです。

日本で一番わかりやすい四柱推命の本

林秀静(著)

四柱推命 – 運命がズバリ当たる!相性がよくわかる

林秀静(著)

また林秀静先生の本は『四柱推命 – 運命がズバリ当たる!相性がよくわかる』もオススメです。

絵柄が多くてわかりやすく、さらに理論もしっかりしています。

既に廃盤になっていますが、古本であればまだ手に入ります。

完全定本 四柱推命大全 / 鍾進添 (著)・山道 帰一(翻訳)

台湾の占術家である鍾進添先生による作品です。

『滴天髄(てきてんずい)』『淵海子平(えんかいしへい)』『三命通會(さんめいつうかい)』『星平會海(せいへいかいかい)』などの古典の要約を中心に進められます。

内容はすべて古典に準拠するものなので、最も信頼に足ります。

これから四柱推命を学ぶなら、避けては通れない書といえます。

但し、万年暦が付属していないため、別途万年暦を購入する必要があります。

完全定本 四柱推命大全

鍾進添 (著)・山道 帰一(翻訳)

四柱推命大鑑 / 御堂龍児(著)

入門から実占まで、全体をまんべんなくカバーしつつ、一つ一つの説明が丁寧で、とてもバランスの取れたテキストだと思いました。

単なる研究者的な理論に終始せず、常に実占を見据えた説明がなされています。

特に中級者以上の人には、生まれ月による性格の判断が、西洋占星術の何座は何といった占いに通じ、面白いかも知れません。

四柱推命大鑑

御堂龍児(著)

子平推命 基礎大全 / 梁湘潤(著)・田中要一郎(翻訳)

台湾の占術家である梁湘潤先生による作品です。

「子平推命」とは「四柱推命」と同じ占術で、単に呼び名が違うだけです。

冒頭で説明した日本式の四柱推命に対する差別化として「子平推命」という呼び名を用いる動きがあり、自分の占術を「子平推命」であるとする占術家はその一派に属します。

逆に言えば、「子平推命」という表記を用いている本は内容的に間違いないと捉えて良いでしょう。

子平推命 基礎大全

梁湘潤(著)・田中要一郎(翻訳)

完全独習版 子平推命 / 小山眞樹代(著)

五行を点数に置き換えて、命式内の喜忌をデジタルに読み解いてゆくアプローチがとても衝撃的でした。

筆者も、ここに書かれている理論を実占に取り入れています。

格局に対するライトな捉え方も、筆者の感覚と近く、共感できました。

しかしながら、全体として見た時、一番最初に読む本としては、少し亜種かもしれません。

『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』、『完全定本 四柱推命大全』あたりを理解した後に読むのが良いかと思います。

完全独習版 子平推命

小山眞樹代(著)

実践 四柱推命学入門 未来を創るヒント / 佑木美月(著)

ページ数は少ないですが、その分、重要な要点を簡潔にまとめてあります。

佑木美月先生はおそらく占い師をされており、実占を前提とした切り口で、相性や開運方法など、実際の鑑定にありがちな案件を例に取り、鑑定の例を示しています。

『実践 四柱推命学入門』『四柱推命で掴む成功戦略』はセットで購入することをオススメします。

実践 四柱推命学入門 未来を創るヒント

佑木美月(著)

四柱推命で掴む成功戦略 – ビジネスに大切な時機と相性の活用法

佑木美月(著)

四柱推命の謎と真実 / 波木星龍(著)

本の帯には次のようなコピーが記されています。

初心者には、謎解きの楽しみを提供し、研究者には、目からウロコの真実を提示する。

Amazonのレビューでもアンチが言及していましたが、確かに、初心者には少しハードルが高い感が否めません。

おそらく、あまりにも前代未聞のコアな内容に出版社が弱気になり、こうした保身的な文言を付け加えたのでしょう。

実際には、どちらかと言えば中級者以上向けの本であるといえます。

この本を一番初めに読むことはオススメしません。

ここに挙げた全ての本を一通り読んだ後であれば、本当に目からウロコの驚きが沢山詰まっています。

四柱推命の謎と真実

波木星龍(著)

レイモンド・ローも読むな!

レイモンド・ロー先生の『四柱推命鑑定術』はベストセラーになりましたが、初級者~中級者が四柱推命を学ぶために読むのはおすすめしません。

なぜなら、レイモンド・ロー先生は天才過ぎて、既に別の次元にいるからです。

彼の四柱推命は四柱推命ではなく、「ほぼ霊感」です。

彼の本は教科書というより、四柱推命の新たな可能性を提示したオピニオンです。

ただ、平易な文章で、誰でもわかるように四柱推命を説明しており、鑑定術として、相手に「伝える技術」は本当に参考になります

したがって、レイモンド・ローを読むのは上級者~プロになってからの方が良いでしょう。

万年暦ならこれ!

多くの本には巻末に万年暦が付属していますが、中には付属していないものもあります。

付属していたとしても、あくまでも練習用で、あまり充実していないことがほとんどです。

したがって、四柱推命を本格的にやるなら、万年暦は必須アイテムです。

こちらの記事でオススメの万年暦をご紹介していますので、どうぞ。

四柱推命の教科書

完全独習可能なテキストとして、続きは絶賛執筆中です。

かずひさ

かずひさ

宗教家。 代々神主の家系に生まれ、とある神社の神主として神に仕えている。 また、高野山真言宗にて得度した行者でもある。 10代の頃から霊聴を聴くようになる。 2016年、自己流でのチャクラ修行に失敗し、その報いとしてバセドウ病を患い、発見された時は末期で死の寸前だった。 何がダメだったのかを自分なりに反省し、気を取り直して修行を再開。 2016年11月、止観瞑想の末、身体の浮遊を体感、赤い曼荼羅を見る。 2017年4月大日如来の教えに導かれて悟りを開き、「空」の意味を理解する。 それは単に「無」の意味ではない事がわかった。 また、私が開いた悟りは仏の悟りのほんの第一段階に過ぎない事も理解している。