かずひさ

四柱推命はなぜ当たるのか?

世の中には多くの占い師がいます。

これだけ多くの占い師がいるという事は、それだけ、占いを必要としている人がいるという事です。

また占い師により占術(占いの方法)は様々です。

そのうち、「四柱推命」は最もポピュラーな占術のうちの一つです。

四柱推命は日本でも人気が高く、プロの占い師だけでなく、一般人でも勉強している人が多い占術です。

その最大の特徴は的中率にあります。

  • 的中率の高さ
  • お手軽さ
  • 他占術との互換性

四柱推命はなぜ当たるのか?

四柱推命は中国で生まれた占術で、非常に的中率が高い事で有名です。

なぜ当たるのか?

その本質は陰陽五行説に基づいた時間概念にあります。

誰しもが持つ「誕生日」という情報を、その人のアバターに見立てて、他者との関わりや、人生の吉凶禍福を知るのです。

「四柱推命は統計学」とプロの占い師もそういいますが、私は少し謙遜しすぎなのではないかと思います。

四柱推命はもっと高尚な占術であり、人が幸せになるために神様から与えられたプレゼントだと思っています。

おのれの運命を知り、人生を俯瞰して見る事ができれば、小さなことでクヨクヨしなくなります。

どうすれば開運できるかを知れば、不安が無くなり、立ち上がって行動する事ができます。

四柱推命で占える事

  • 10年ごと、5年ごと、1年ごと、季節ごと、1ヵ月、1日ごとの運を知る事ができる
  • 対象の人物との相性を知る事ができる
  • 自分の生まれ持った性質を知る事ができる
  • 自分の開運時期(婚期・出世時期など)を知る事ができる
  • どうすれば凶を避け、吉を強められるかがわかる
  • その他、占い方によって吉方位、吉日、ラッキーカラー、ラッキーアイテム、病気に対する対抗手段などを知る事もできる

どこへ行けば四柱推命の鑑定を受けられるのか?

有名な先生であれば、都内の一等地にオフィスを構え、何ヶ月先も予約で一杯の先生もいるでしょう。

そういった先生には、占ってもらうだけでも大変です。

あなたが占いを必要としている時、おそらく何ヶ月も待てる心境ではありません。

ですから、急いでいる場合、有名な先生に会いに行くのは時間がかかり過ぎるため、おすすめしません。

世の中には有名な先生以外にも、素晴らしい占い師はたくさんいます。

そういった占い師がいる占い館や、メール鑑定、電話鑑定などで鑑定を受けうるのが良いでしょう。

いますぐ答えが欲しいなら「電話占い」が最速

いますぐ答えが欲しい。

そんな場合、最も簡単に素早く、占いを受けられる方法が「電話占い」です。

占い館での対面鑑定はフェイス・トゥ・フェイスの良さはありますが、占い館のある場所まで足を運ばなくてはなりません。

メール鑑定の場合は返信が帰ってくるまでに、どれぐらい時間がかかるかわかりません。

電話占いなら、今すぐ占い師と話す事が出来、今すぐ占ってもらう事ができます。

チャット占いもお手軽ですが、チャット占いはサービス自体が少なく、在籍している占い師も少ないです。

電話占いは一つの巨大なムーヴメントになっているので、占い師も豊富に在籍しており、多数の占い師の中から選りすぐることができます。

電話占いで四柱推命の鑑定を受ける際に理解しておいてもらいたいこと

  • 占い師が命式を作成するのに時間がかかる
  • 占い師が命式を読み解くのに時間がかかる

タロットカードや易、あるいは霊感などは、瞬間的な直感やヒラメキに頼る占術です。

対して、四柱推命は理論と計算に基づいた占術です。

特に四柱推命は複雑な占術なので、最初のプロセスである、誕生日からの命式作成に時間がかかります。

古代の天文学者が、分厚い本を片手に、神秘的な記号が散りばめられた壮大なグラフを書いて、未来を予知するようなイメージを想像して下さい。

それを電話越しに、お客さんを待たせながらやるのですから、占い師は大変です。

伝統的な方法で行えば、命式を作るのに、プロでも5分~10分ぐらいかかります。

パソコンのソフトで命式を作成しても入力に1分程度かかります。

占い師によっては時間短縮のために、パソコンで命式作成を行いますが、それぞれのポリシーがありますので、伝統的なアナログな方法を使っている占い師もおられるでしょう。

それゆえ、四柱推命の占い師に見てもらって、最初に時間がかかるのは決して時間稼ぎではありません。

電話占いは1分280円~料金がかかるということを、占い師も重々承知しています。

しかしながら、四柱推命の場合、最初の準備時間は避けては通れない鬼門なのです。

その部分は理解していただきたい所です。

この事は四柱推命だけではなく、占星術など、誕生日から計算する占術には全て共通する点です。

電話占いに在籍する四柱推命の占い師を厳選

同じく四柱推命の占術家でもある筆者の目から見て信頼できる先生方を紹介しています。

よかったら参考にしてください。

四柱推命の教科書

完全独習可能なテキストとして、続きは絶賛執筆中です。

四柱推命の必須本

かずひさ

かずひさ

宗教家。 代々神主の家系に生まれ、とある神社の神主として神に仕えている。 また、高野山真言宗にて得度した行者でもある。 10代の頃から霊聴を聴くようになる。 2016年、自己流でのチャクラ修行に失敗し、その報いとしてバセドウ病を患い、発見された時は末期で死の寸前だった。 何がダメだったのかを自分なりに反省し、気を取り直して修行を再開。 2016年11月、止観瞑想の末、身体の浮遊を体感、赤い曼荼羅を見る。 2017年4月大日如来の教えに導かれて悟りを開き、「空」の意味を理解する。 それは単に「無」の意味ではない事がわかった。 また、私が開いた悟りは仏の悟りのほんの第一段階に過ぎない事も理解している。