タトゥーを入れた人が温泉に入るには?【タトゥー隠し】

タトゥーといえば、アメリカやヨーロッパの若者の間ではオシャレの一環としてあります。

単にオシャレ目的で、好きな絵柄や、キャラクター、あるいは色や記号にちなんだタトゥーを入れる場合や、家族や恋人の名前、さらには人生において重要な出来事に関する絵や文字を身体に彫るという宗教的な意味が強い場合とがあります。

日本でも刺青(入れ墨)の文化はありましたが、主にヤクザの文化です。

日本において一般人が、オシャレ目的でタトゥーを入れるようになったのは、最近のことで、欧米の文化に影響されたものだといえます。

タトゥーと刺青(入れ墨)の違い

よくタトゥーは機械彫り、刺青(入れ墨)は手彫りといわれますが、タトゥー(Tattoo)は刺青(入れ墨)と同じ意味の英語です。

「タトゥー」と「刺青(入れ墨)」を意図的に使い分けるとすれば、絵柄が欧米風であれば「タトゥー」、日本風であれば「刺青(入れ墨)」と考えても良いかもしれません。

温泉で禁止されている理由

温泉でタトゥーが禁止されている主な理由は、日本のヤクザ文化が原因であるといえるでしょう。

もともと日本ではタトゥーを入れている人=ヤクザでした。

温泉の経営者がタトゥーを禁止する理由は、タトゥーそのものに問題があるのではなく、タトゥーを入れる人の一部は反社会勢力かもしれないという点にあります。

オシャレ目的のタトゥーか、やくざのタトゥーか、マニュアルでは判断基準の設定が難しいのでとりあえず禁止している

オシャレ目的のタトゥーなら、問題があるはずがありません。

単なるオシャレですから。

しかし、温泉がスタッフを雇用するにあたって、設定するマニュアルの中で、オシャレ目的のタトゥーか、やくざのタトゥーかを判断する基準を設けるのは難しいです。

オーナーが一人で切り盛りしているような温泉なら自分の采配で適当に判断できますが、規模が大きくなると、どうしてもマニュアル化しなくてはなりません。

ですから、とりあえず禁止しています。

結果、ただオシャレのためにタトゥーを入れている人が被害を蒙ると言う構図です。

温泉はとにかくヤクザに来て欲しくない

「なんでタトゥーがダメなんだ!差別だ!」と温泉に対して叫んでも仕方がありません。

別に差別でもなんでもなく、温泉側はただ「疑わしきは排除」することで、リスクを軽減しているに過ぎません。

逆にタトゥーを入れている人が温泉に入ることで、温泉側が蒙るメリットは、一人分の入湯料ぐらいしかありません。

それよりも、恐ろしいヤクザが浴室の雰囲気を悪くして、カタギのお客さんが離れるデメリットの方が大きいのです。

温泉好きならタトゥーは入れないほうが良い

温泉のタトゥー禁止はもはや「そういう風潮だから仕方ない」と泣き寝入りするしかありません。

もちろん「タトゥーOK」の温泉もたくさんあります。

ただ、現在の日本では温泉の半数以上が「タトゥー禁止」になっている状況です。

これからタトゥーを入れたいと思っている人で、温泉も好きな人はよく吟味する必要があるでしょう。

これはあくまでも筆者の意見ですが、あなたが温泉好きなら、タトゥーはおすすめしません。

タトゥーは年を取ると形が崩れるらしいですし、年を取ると温泉が好きになるものです。

したがって、温泉好きにとっては、百害あって一理無しですね。

時代が進めばそのうち「タトゥーOK」になるだろうと言う希望的観測もやめておいた方がいいです。

温泉を犠牲にしてまでタトゥーを入れるメリットって、ほとんどありませんから。

既にタトゥーを入れてしまった人のためのタトゥー隠し

既にタトゥーを入れてしまった温泉が好きな人のために、「タトゥー隠し」があります。

タトゥー隠しには身体に張る「シールタイプ」と、身体に塗る「ファンデーションタイプ」があります。

体全体を覆うような大規模なタトゥーでない限り、ポイント的な小さなタトゥーなら十分に隠すことが出来るでしょう。

張ってタトゥーを隠す「ファンデーションテープ」

タトゥーや傷跡にこまっていませんか?

親や好きな人の視線が痛い…。

温泉やプールに行けない…。

夏でも長袖で暑い…。

見られるとイヤな顔をされる…。

もう周りの目を気にしたくない。違いますか?

「ファンデーションテープ タトゥー用」は張るだけですっきりタトゥーを隠すことが出来ます。

特許を取得しているほどの技術で、写真の通り、シールを貼っている事は間近でよく見ても、わかるかわからないかです。

(お試しセット) ファンデーションテープ (タトゥー隠しシール) 4枚入

塗ってタトゥーを隠す「マーシュフィールド SC ボディカバーファンデ」

 

あざ、白斑、傷痕、色素沈着、ほくろ、乾癬の痕、妊娠線、肉割れ、タトゥーなど、ボディの様々な肌色の悩みを自然にカバーし、汗・水・皮脂に強いだけでなく、衣服などのこすれにも強いクリームタイプのカバーファデーションです。

シールタイプはどうしても、違和感があるという方には塗るファンデーションタイプがオススメです。

色は4種類あり、自分の肌の色にあった色を選ぶと良いでしょう。

最初は1番を購入し、「もう少し濃い方が良い」とか「薄い方が良い」とか判断すると良いでしょう。

マーシュフィールド SC ボディカバーファンデ