かずひさ

白い電気は苦手、オレンジの電気がいい。というあなたの感覚は間違ってない。

LED電球の話。

電球色(オレンジ)はルーメン値では昼白色(白)に劣りますが、人間の肉眼上、電球色(オレンジ)の方が明るく見えます。

今回はそのことについてお話します。

オレンジの電気と白の電気

部屋の明かりや、リビングの明かり、オフィスの明かり、会社の明かり、店の明かり、町の明かり。

都市の暮らしには明かりが欠かせません。

それらの明かりは昔は電球と蛍光灯でまかなわれていました。

電球は丸い形をしていてオレンジ色の明かりを発します。

いわゆる「オレンジの電気」。

蛍光灯は細長い形状で、白の明かりを発します。

いわゆる「白い電気」。

今ではLEDに取って代わりましたが、形状や色などは引き継がれています。

ところでみなさん、白い電気好きですか?

白い電気、好きですか?

私は嫌いです。

なんか、白い電気が付いている部屋って、いてるだけでストレス溜まりません?

しかも、なんか暗くないですか?

ムードが。

冷たいというか。

白い電気はルーメン値(明るさの値)は高い

例えば、あなたはリビングルームのLED電球を交換しようと電気屋に買いに行きました。

あなたは目にするでしょう。

色が数種類あるのを。

多い場合は「昼光色」「昼白色」「白色」「温白色」「電球色」などの種類があります。

ですが、大体は次の二種類に大別されます。

昼白色(白)と電球色(オレンジ)です。

あなたは迷いました。

どっちがいいだろう?

迷った末、あなたはパッケージに記されたルーメン値がより高い昼白色(白)を選びました。

ちょっと待った!白い電気はルーメン値は高いけれど、雰囲気暗くないか?

ルーメン値は確かに白い電気は高いんですよ。

だから、ものごとを数字で見る人はコロッと騙されてしまうんですよね。

数字が高い=優れているという固定観念から。

人間の目は白い明かりよりもオレンジ色の明かりを明るく感じる

ぶっちゃけ、白い電気よりも、オレンジの電気の方が、明るく感じるし、心も穏やかになりませんか?

私は少なくともそう感じます。

白色でギンギンに明るくされた会議室と、淡いオレンジ色のカフェ。

なぜか、カフェのほうが明るく感じるのはなぜでしょう?

気分がウキウキするのはなぜでしょう?

ルーメン値は低いのに。

人がオレンジの電気を明るく感じ、安心感を持つのは、原始時代から火の色=オレンジ色を見続けてきたから

人間は原始時代から火を使ってきました。

毎夜毎夜眺める火の色=オレンジ色に目が慣れています。

また、夜に焚き火をするのは、猛獣に襲われないためでもありました。

部族が集まって、キャンプファイヤーを囲むのは、外的に対する防御であり、安心感の象徴でもあります。

理論上、白い電気の方が明るくても、人間の目にはオレンジの電気の方が明るく見え、心に安心感を与えるのはこのためです。

それは、DNAレベルで刻まれた人間の特質なのです。

結論:LED電球を選ぶときは「電球色」を選ぼう

電球色は原始時代に生きた我々の祖先から引き継がれた、プリミティブな魂に働きかけるものです。

町中の電気を電球色にすることで、人々の心は一つになります。

そして、白い光による無駄なストレスが軽減し、安心感と落ち着きを取り戻します。

LED電球を選ぶときは「電球色」を選びましょう。

かずひさ

かずひさ

宗教家。 代々神主の家系に生まれ、とある神社の神主として神に仕えている。 また、高野山真言宗にて得度した行者でもある。 10代の頃から霊聴を聴くようになる。 2016年、自己流でのチャクラ修行に失敗し、その報いとしてバセドウ病を患い、発見された時は末期で死の寸前だった。 何がダメだったのかを自分なりに反省し、気を取り直して修行を再開。 2016年11月、止観瞑想の末、身体の浮遊を体感、赤い曼荼羅を見る。 2017年4月大日如来の教えに導かれて悟りを開き、「空」の意味を理解する。 それは単に「無」の意味ではない事がわかった。 また、私が開いた悟りは仏の悟りのほんの第一段階に過ぎない事も理解している。