かずひさ

アセンションする人としない人の10の特徴

アセンションについてのおさらい

今、地球は3次元から5次元へアセンション=次元上昇しようとしています。

アセンションした地球は幸せの世界。

人々は笑い合いながら豊かに暮らします。

人が新しい地球に住むにはアセンションし、魂が高次元の世界に適応できる状態にならなければなりません。

アセンションするかしないかは自由に選択できる

2012年から地球のアセンションは始まっています。

それに伴い、人類はアセンションする人としない人の二つに分かれ始めています。

アセンションするか?しないか?は皆さんが自由に選択できます。

アセンションしてもしなくてもどちらでもかまいません。

個人の自由です。

…といっても、誰かから「アセンションする?しない?」とか聞かれるわけではありません。

宇宙からの問いはあなたの身の回りに現象となって現れます。

それに対してあなたがどういう生き方で答えるか?

それによりアセンションするか?しないか?が決まります。

それでは、アセンションする人の特徴とアセンションしない人の特徴を比べてみましょう。

アセンションする人の特徴

  • 社会道徳や世間体よりも個人の幸福を重んじる
  • 名誉や財産に執着しない
  • こだわりが少ない
  • 動物や虫が好き
  • 自然の豊かな環境が好き
  • 相手の心がわかる
  • 引っ込み思案な性格
  • 現状に満足していない
  • 音楽や芸術が好き
  • 何歳になっても勉強が好き

これらの特徴に当てはまる人は、時が来ればアセンションし、5次元の地球で暮らす事が出来ます。

社会にどれだけ秩序があってもそこに住む人が不幸なら、その社会は良くありません。

また、名誉や財産は3次元世界の価値観で、5次元の世界には存在しない価値観です。

こだわりや執着はすべて低次元の世界特有のものです。

それよりも自然に対する共感や愛こそが高次元の魂には不可欠なのです。

アセンションしない人の特徴

  • 個人の幸福をないがしろにし社会道徳や世間体にがんじがらめになっている
  • 財産や名誉にすがって生きている
  • こだわりが強い
  • 動物や虫が苦手
  • 自然が好きじゃない
  • 他人の心なんてどうでもいい
  • 傲慢で横柄な性格
  • 現状に満足している
  • 音楽や芸術に興味が無い
  • 大人になってからは勉強していない

これらの特徴に当てはまる人はアセンションしないまま、3次元の世界で暮らし続けます。

地球のアセンション時には地球から追い出され、木星へと転生します。

アセンション「する」か「しない」かはいつまでに決めないといけないのか?

地球のアセンションが完了する時期はよくわかっていません。

一説によると、インド歴が終わる2020年3月21日だとも言われています。

それは定かではありませんが、近い未来であることは確かです。

それまでにアセンション「する」か「しない」か、決断しなければなりません。

イベント

アセンションするか?しないか?

宇宙からの問いは「イベント」と呼ばれる現象となって表れます。

どんなイベントが起こるかは人によって違います。

そこであなたは自分が進む道を選択するのです。

あなたの選択が、先ほど挙げた「アセンションする人の特徴」に当てはまるものならば、あなたはアセンションすることを選択したと言えます。

あなたは動物好き?

ちなみに動物たちは既にアセンションしていると言われています。

アセンション後の地球では彼らの魂も共に暮らします。

動物たちと会話し、戯れます。

それゆえ、動物たちや虫たちと心を通わせる事が出来る人でなければアセンションできません。

動物が嫌いな人は魂レベルで新しい地球のバイブレーションと反発するので、地球を去らなければなりません。

かずひさ

かずひさ

宗教家。 代々神主の家系に生まれ、とある神社の神主として神に仕えている。 また、高野山真言宗にて得度した行者でもある。 10代の頃から霊聴を聴くようになる。 2016年、自己流でのチャクラ修行に失敗し、その報いとしてバセドウ病を患い、発見された時は末期で死の寸前だった。 何がダメだったのかを自分なりに反省し、気を取り直して修行を再開。 2016年11月、止観瞑想の末、身体の浮遊を体感、赤い曼荼羅を見る。 2017年4月大日如来の教えに導かれて悟りを開き、「空」の意味を理解する。 それは単に「無」の意味ではない事がわかった。 また、私が開いた悟りは仏の悟りのほんの第一段階に過ぎない事も理解している。