かずひさ

ギブ&テイクの法則 – お金を稼ぎ、有名になり、尊敬されるただ一つの法則

皆さん、最近「ギブ」してますか?

「ギブ」とは与えることです。

 

皆さん、最近「テイク」してますか?

「テイク」とは貰うことです。

 

「ギブ&テイクの法則」とは「ギブするとテイクする」という法則です。

つまり、お金を稼いだり、有名になったり、人から尊敬されたければ、まずギブをしろという事です。

 

ギブしない人はお金を稼げませんし、有名になれませんし、尊敬もされません。

 

自分の知識・技術を人に教えたくない人って、どの世界にもいますよね。

 

彼らは、必ずと言っていいほど辛酸をなめています。

その理由は明確。

ギブが足りていないからです。

3種類のギブ&テイクの法則

ギブ&テイクの法則には3種類あります。

  • 0ギブ&1テイク
  • 1ギブ&1テイク
  • 100ギブ&1テイク

0ギブ&1テイクの法則

0ギブ&1テイクは自分が何も与えていないのに、相手から何かを貰おうとする事です。

いわゆるクレクレくん。

 

価値の無いものに不当な値段をつけて売るのもこの中に入ります。

いわゆる詐欺ですね。

 

そういう人は結果的に損をするという法則です。

1ギブ&1テイクの法則

1ギブ&1テイクは1万円の価値のものを1万円で売る事です。

いわゆる「等価交換」です。

これが一般的なギブ&テイクです。

 

ただ、これは1を出して1が返ってきているので、結果的にはプラスマイナス0になります。

損はしませんが得もしていません。

普通の取引です。

100ギブ&1テイクの法則

100ギブ&1テイクは1万円の価値のものを無料でばら撒く事。

一見、こちらがかなり損しているように見えますが…

 

でも1万円の価値があるものをタダでもらったら嬉しくありませんか?

感謝しますよね?

恩返ししたくなりますよね?

 

ですから、100ギブ&1テイクの場合、返って来る1テイクがものすごく大きな1テイクだったりします。

さらに100ギブ&1テイクの人には、時間差で、めぐりめぐって恩返しが返って来るので、結果としてとても得します。

 

気がついたら100ギブ100000テイクしてた

という事もあり得ます。

とにかくギブする

あなたがテイクが欲しい場合、とにかくギブしましょう。

原因と結果論です。

「ギブ」という原因があるから、「テイク」という結果が生まれます。

 

つまり、一方的に人にしてもらうのではなく、先ずは自分から与えるのです。

これを実践していれば、お金は稼げるし、有名になれるし、尊敬されます。

次のうち、誰が一番得をすると思いますか?

では問題です。

すごいノウハウがあったとして、それを

 

  1. 誰にもギブしない人
  2. お金を払った一部の人にだけギブする人
  3. みんなに無料でギブする人

 

この3者のうち、誰がいちばん尊敬され、お金を稼ぎ、有名になれると思いますか?

 

もう、おわかりでしょう。

 

答えは3番です。

1~3それぞれの心理と結果

1.誰にもギブしない人

自分が持っているノウハウを誰にも教えないことで、利益を独り占めにしようとしている人。

「その知識が欲しければオレに仕事をよこせ!」と言わんばかりに。

 

かずひさ

誰の何の役にも立ってません。

誰にも感謝されないし、テイクされることはありません。

収益化するとすれば、1万円のものを1万円で1個づつ売るような形になります。

いわゆる等価交換。

でも、おそらく信用が無いので、売れません(笑)

さらに、その人が引退するとそのノウハウは無かったことになります。

あと、誰かにパクられて、その人が作ったことになったり。

南無…

2.お金を払った一部の人にだけギブする人

自分が持っているノウハウ自体を商品として売ってお金を稼ごうとしている人。

セミナー、ワークショップ、塾など。

 

かずひさ

セミナーやワークショップなどは、

あなたが何者か?によって、結果が変わってきます。

あなたが有名な人であれば、一部の人の役に立ち、ノウハウは少しばかり普及します。

お金を稼ぐことも出来ます。

しかし、あなたが無名であれば、有料のお茶会で終わるでしょう。

お客さん全員知り合いみたいな(笑)

あと、本とかでも、今の時代、ある程度知名度が無いと売れないので、出すこと自体が難しいと思います。

無名の状態から知名度を上げるなら、断然3ですね。

3.みんなに無料でギブする人

みんなに無料で教え、広めることで、そのノウハウの価値と利益を最大化しようとしている人。

 

かずひさ

あなたのノウハウをインターネットで無料で公開します。

すると誰かが困ったときに、あなたの情報がその人を助けます。

お金がある人も、お金が無い人も、専門家も、興味があるだけの人も、みんながアクセスして、あなたの知識を共有します。

結果、その分野のレベルが底上げされます。

あなたのノウハウの価値も上がります。

みんなあなたに感謝し、尊敬するでしょう。

「○○の第一人者といえばあなた」といったように、あなたは有名になり、財産は自然とあなたの元へと集まってくるでしょう。

最強は3→2の流れ

3であなたがポジションを取った後で、2を行うのは最強の流れかもしれません。

基本的な情報は開示して、よりコアな情報を商品化するという手段はとても自然な流れです。

いきなり2を始めても、知名度がありませんから。

最初からテイクを求めている人は何も得られない

0ギブ&1テイクの人。

世の中、自分は人に何も与えていないのに、自分だけ得ようとする人って多いですよね。

そんな人はお金を稼げませんし、有名にもなれませんし、尊敬もされません。

 

それでは0ギブ&1テイクの3パターンをご紹介します。

自分は名乗らず、相手の情報を聞き出そうとしてくる人

こういう人は、まず嫌われます。

根掘り葉掘りと情報を引き出そうとしてくる人に対しては、人の心理として警戒してしまいますから。

「教えてください」ってすぐ聞く人

また、「教えてください」系も問題ですね。

ググっても出てこないようなコアなことなら良いのですが。

「Wordに画像を挿入するやり方」とか…

ググれ!って感じです。

価値のわからないものに値段をつけて売る人

ちびまる子ちゃんのエピソードで、自作の漫画を売っている学生が登場しました。

 

「読んでみて面白かったら買う」と言うまる子に対し、

彼の言い分は「買ったら読める」「買わなければ読めない」でした。

 

「あんた誰だよ!」って感じですよね。

そもそも、中身がわからないものなんて誰も買いません。

自分のギブが相手にとってテイクにならないといけない

じゃあ、ギブすればいいんだ。

簡単ジャン。

やってみよ!

 

と言って、適当な、どこにでもある、どうでもいいような情報を拡散したところで、

 

アクセス0。

リツイート0。

いいね0。

 

というのが普通です。

 

かといって、今まで誰も知らなかった、素晴らしい秘密の知識を書いて公開したとしても、それが認められるとは限りません。

その記事が全く読まれないという事もあり得るからです。

 

今まで自分の中だけにしまっておいた、とっておきの情報。

その価値を知っているのはあなただけで、「誰も興味が無かった」という事は十分ありえます。

 

でも、そのギブに「価値が無い」ということを知れただけでも一歩前進ですよ。

ギブしなければ、一生、からっぽの箱を「とっておきの宝箱」として、大事にする羽目になっていたのですから。

 

ギブ&テイクって難しいんですよ。

自分のギブが相手にとってテイクになっていないといけないわけですから。

 

そんな世界なのに、いまだに0ギブ&1テイクの価値観でやってる人は、かなり出遅れていますね。

ギブ、始めましょう。

かずひさ

かずひさ

宗教家。 代々神主の家系に生まれ、とある神社の神主として神に仕えている。 また、高野山真言宗にて得度した行者でもある。 10代の頃から霊聴を聴くようになる。 2016年、自己流でのチャクラ修行に失敗し、その報いとしてバセドウ病を患い、発見された時は末期で死の寸前だった。 何がダメだったのかを自分なりに反省し、気を取り直して修行を再開。 2016年11月、止観瞑想の末、身体の浮遊を体感、赤い曼荼羅を見る。 2017年4月大日如来の教えに導かれて悟りを開き、「空」の意味を理解する。 それは単に「無」の意味ではない事がわかった。 また、私が開いた悟りは仏の悟りのほんの第一段階に過ぎない事も理解している。