スターシード – 地球に来ている主な4種族

みなさん、こんにちは。

今回は『スターシード – 地球に来ている主な4種族』についてお話します。

スターシードとは?

現在、地球にはスターシードがたくさん住んでいます。

 

スターシードは宇宙人がUFOに乗って直接やってきたのではなく、宇宙人の魂が地球に転生してきた存在です。

そのため、見た目は普通の地球人です。

 

全ての生命は死後、新しい生命へと転生します。

輪廻転生は地球上だけで完結しているのではありません。

 

宇宙には生命の住む星は限りなくあり、星と星とのあいだでも転生はあります。

他所の星から地球へ転生したり、地球から他所の星へ転生したり。

 

何度も転生を繰り返す中で、我々はプレアデスで暮らしたこともあれば、シリウスで暮らした事もあるでしょう。

スターシードを語る時、何星人という呼びかたをしますが、過去世において、あらゆる星で暮らした事があるのならば、自分が何星人なのか、わからなくなります。

 

スターシードとは、直訳すると「星の種」。

 

つまり、ある星で生まれた魂の事をいいます。

スターシードについて話す時、自分が何星人であるというのは、あなたが過去世で住んでいた星ではなく、あなたの魂が生まれた星の事を言うのです。

動画はこちら

この記事の内容は動画にもしていますのでぜひご覧ください。

生命が住む星はたくさんある

今知られているだけでも何種類ものスターシードがあり、困惑するでしょう。

しかし、実際にはそれよりももっと数多くのスターシードが存在します。

 

宇宙には星が無限に存在し、生命の住む星は数え切れないほどあります。

その中でも今回は最も有名な4種のスターシードをご紹介したいと思います。

 

これらの星は地球よりもずっと古く、歴史が長いので、宇宙中に魂が散らばっており、絶対数が多いのです。

プレアデス星人

プレアデス星団は牡牛座にあり、日本では「すばる」と呼ばれています。

夜空を見上げると小さな星屑のカタマリを見た事がある方もおられるでしょう。

それが「すばる」です。

 

プレアデス星団には高度に進化した惑星がいくつも終結しており、惑星間の行き来が盛んです。

そのためにプレアデス星団の星星はお互いに交流しながら早く文明が発達しました。

 

また、プレアデス星は太陽系を含む宇宙の中央集権的な役割を担っています。

あらゆる次元が重なっており、故郷の星で暮らせなくなった魂を一時的に預かる避難所としての機能も持っています。

 

プレアデス星団ではかつて星と星の間で戦争を繰り返した経緯から、平和意識が強く、今では正義の味方として、近隣宇宙の治安を守っています。

悪い宇宙人の侵略から地球を守ってくれているのもプレアデス星人です。

プレアデス星人は常に地球を監視しており、地球に危険が迫った場合は必要な対策を講じます。

 

プレアデス星から地球に転生する場合、彼らは地球人を救済する使命を帯びます。

そのため、政府の要人や、芸術家、各界の著名人など、影響力のある立場として生き、人々に愛と幸福を訴えます。

シリウス星人

シリウスAは太陽以外の恒星のなかでは、地球から見える最も明るい星です。
おおいぬ座にあります。

すぐ近くにはシリウスBがありますが、小さく、肉眼では見ることができません。

 

シリウス星人はシリウスBのスターシステムに住んでいます。

シリウスBは最新の望遠鏡でないと見ることが出来ないにも関わらず、マリ共和国のドゴン族の神話では「ポ・トロ」として太古から伝わっており、この事は大昔からシリウス星人が地球に転生していた事を示しています。

 

シリウス星人は約1億2000万年前にアセンションしており、現在は霊体であるため、肉眼では見ることができません。

彼らの故郷であるシリウスBは現在は白色矮星で、その3次元領域は物理的生命が住める環境ではありません。

そのため、彼らが低次元に落ちる場合にはプレアデス星か地球に転生します。

 

彼らはアセンション前はイルカやクジラのような生物で、海に住んでいました。

ドゴン族の神話では「ノンモ」と呼ばれています。

その為、地球に転生したシリウス星人は海を好みます。

 

彼らはテクノロジーに秀でているので、地球では技術者として暮らす事が多いようです。

地球に新しい技術を伝える為に地球に転生するのです。

海や泳ぐのが好きな数学者やハイテク技術者はシリウス星人である可能性が高いです。

アンドロメダ星人

アンドロメダは我々が住む銀河系の隣にある銀河です。

計算では約40億年後に銀河系とアンドロメダは衝突すると言われています。

 

アンドロメダ星人はアンドロメダのどこかにある星の知的生命体です。

アンドロメダ星人はプレアデス星人と同じく人間と同じような見た目をしています。

しかしサイズが大きいのが異なる特徴です。

アンドロメダ星では地球より重力が軽いため、アンドロメダ星人は地球人よりも身体のサイズが大きいのです。

 

彼らはテレパシーで心を読むことができます。

そのため、地球に転生したアンドロメダ星人は直感が鋭いです。

感受性が鋭く、相手の心を敏感に察知します。

文筆能力にも秀でています。

 

スピリチュアルに関心が深く、自分たちより高次元の存在を信じ、敬います。

そのため、地球に転生したアンドロメダ星人のほとんどは、宗教家、占い師、カウンセラー、ヒーラーなど、スピリチュアルの分野や、小説家やライターとして暮らします。

 

また、私たちに馴染みの深いある動物はアンドロメダ星からやってきました。

猫が宇宙人のスパイであるという話が話題になってますよね?

実は猫はアンドロメダ星からやってきました。

 

猫の目が爬虫類と似ているために、レプティリアンやグレイのスパイであると言うウワサもありますが…

それが間違った見解であるのは、猫がトカゲを攻撃する姿を見たことがある人にはすぐわかるでしょう。

 

猫はかつてアンドロメダ星人が高い波長で地球人を癒すためにエジプトの王様にプレゼントした地球外生命体だったのです。

アルクトゥルス星人

アルクトゥルス星は、うしかい座で最も明るい恒星です。

赤色巨星で、かなり進化した恒星です。

アルクトゥルス星人は6次元~7次元の霊的存在です。

 

6次元の存在にも生死はあります。

しかし、6次元の存在が死後、再び6次元かそれ以上に転生できるとは限りません。

6次元での生活の中で、著しく波動を下げてしまった場合、次に転生するのは下の次元です。

 

現在のアルクトゥルス星の抱える問題として、多くのアルクトゥルス星人が低次元に落ちている事です。

プレアデス星人が地球人を導くために意図的に転生してくるのに対し、アルクトゥルス星人は何らかの理由で波長が下がった為に地球に転生します。

アルクトゥルス星人に何があったのでしょうか?

 

アルクトゥルス星は星自体の波長が高く、3次元領域は既に物理的生命が住めない環境下にあるため、アルクトゥルス星人が転生する先はプレアデス星か、地球になります。

元々6次元の存在、つまり神であったため、その性格はまるで神様や仏様のようです。

 

アルクトゥルス星人の特徴は、落ち着いていて、知的です。

好奇心が旺盛でエネルギーに満ち溢れ、優しく、鋭い感性を持っています。


以上、4種のスターシードをご紹介しました。

 

地球人の殆どはスターシードといわれています。

スピリチュアルに興味があるあなたは、成熟した魂を持っています。

スターシードの中でも最も古い種族であるこれら4種のうちのどれかかもしれません。

 

あなたは何星人でしょうか?