かずひさ

【Youtube】チャンネル登録100人を達成する方法。難しい?そんなことないよ。

Youtubeのチャンネル登録者数が100人を突破しました!

イェーイ!

ぱちぱち。

現在、ちょうど100人!

 

めぐり研究所のYoutubeはこちら

最初の100人が達成できなくてお悩みの皆さんへ

100人達成するまでに、3ヶ月かかりました。

いや〜、長かった。

途中で心が折れそうになりました。

 

一番下の追記でも書きましたが、0人→100人が一番大変です。

後はそのままの勢いでトントン拍子に増えてゆきます。

まずはゼロからイチに。

 

0人から100人の時期がいちばんの踏ん張り時です。

諦めないで続けていれば、絶対に光は見えますよ。

 

今回は、ご参考までに、私達がチャンネル登録100人を達成するまでにしたことをご紹介したいと思います。

現在のステータス(2019年3月25日現在)

チャンネル登録者:100人

動画本数:32本

トータル視聴回数:約6500回

トータル再生時間:433時間

チャンネルの歴史

2018年10月20日にとりあえずチャンネル立ち上げて放置。

2019年1月7日に1本目の動画を上げる。

同年3月25日にチャンネル登録者数100人達成。

1本目の動画から、だいたい2ヶ月半ぐらい。

「チャンネル登録者数」は単なる数字じゃない事がわかった

いちリスナーだった居た頃は、「チャンネル登録者数100人」という数字をみると、

「なんだ、底辺ユーチューバーか」

みたいな感じだったんですが…

 

いざ自分がYoutubeを始めてみると、100人ってすごい数字だなと思います。

いや、正直、めっちゃ嬉しいです!

 

なんか、単なる数字じゃなくて、一人一人の人生の一部になった感。

正直、1人チャンネル登録される度に、ドキっとしてました。

いや、これ大げさじゃなくて、画面の向こう側に人がちゃんといるんですから。

数字じゃないんですよ。

 

嬉しい反面、「もっと面白い動画を作らなければ!」というプレッシャーも同時に感じます。

チャンネル登録者数100人以上のチャンネルは上位5%らしいよ

ソース不明ですが、「すやすやブログ」さんによれば、そうらしいんですよ。

つまり、めぐり研究所は既に上位5%

 

なんか、自身湧いてきました。

 

でも、私達が好きなチャンネルとか見ると、60万人100万人とか(笑)

そこから比べれば、まだまだ道のりは長いという感じですが、

スタートラインには立てた感じです。

100人達成は難しい?

簡単ではありません。

やる気が無いと。

でも、やる気があれば達成可能です。

 

つまりある程度手間と時間をかけて「ちゃんとした動画」を作ることです。

自分が見たい動画を作ることです。

 

「スマホでなんとなく撮影した動画を無編集でそのままアップ」

みたいな方向性では難しいと思います。

 

参考までに、私達が達成した経緯をお話します。

チャンネル登録100人達成するまでにしたこと

それでは本題に入ります。

私達がチャンネル登録100人達成するまでにしたことは次の通りです。

 

  1. ジャンルを決める
  2. とりあえず、作ってアップ
  3. 同じジャンルの上位Youtuberを研究
  4. 研究を踏まえて、作ってアップ
  5. スピーディーにアップしていく
  6. SEOを意識してタイトル、サムネイルを最適化

 

そうこうしているうちに100人達成しました。

1.ジャンルを決める

まずはジャンルを決めました。

「スピリチュアル」ですね。

あまり絞りすぎずに、ざっくりとした感じで。

 

例えば、ゲーム配信しながら、お料理とか、一貫性が無いとあまり良くないのはご存知の通りですが、

逆にテーマを絞りすぎても、ネタが尽きる危険性大です。

 

ざっくりとジャンルだけは決めて、後はいろいろやって、反応が良かったコンテンツを研究するほうが現実的です。

2.とりあえず、作ってアップ

最初の8本は「Googleスライド」を使って、スライドを見ながら二人でしゃべるという内容でした。

iMovieの存在も使い方も知らないまま、撮ってそのままアップの手法でとにかくやってみました。

こんな感じ。

即興、無編集。

Macの画面録画機能で録画ボタン押して、「Googleスライド」立ち上げてしゃべるだけ。

 

結果、1ヶ月目のチャンネル登録者数は4人でした。

そのうち2人は自分たちw

 

ただ、練習になったのと、「慣れ」が出来ました。

いろいろ反省点があっての今なので。

 

もしこの時の「とにかくやってみる」タイムが無ければ、今まだYoutubeやってなかったと思います。

「つべこべ言わずに、とりあえずやってみるのが大事」というのは、絶対そうだと思います。

3.同じジャンルの上位Youtuberを研究

といいつつ、最初の8本を上げた後、実はプチ撤退してました。

 

誰も見ない…

ダメだこりゃって。

心が折れました。

 

1ヶ月ぐらい放置していましたが、

ある日、急に「同じジャンルの上位Youtuberを研究しよう!

と思い立ちました。

 

そこから、クリエイター目線で他の人の動画を見るようになりました。

4.研究を踏まえて、作ってアップ

同じジャンルの上位Youtuberを研究を踏まえて、再び動画制作を再開。

そしたらすぐ、2本目の動画がプチバズしました。

この動画。

現時点で(登録者100人)、1600回再生されてます。

 

動画が再生される秘訣は関連動画に表示されることです。

この動画も、ほとんど関連動画から見られています。

 

Youtubeのエンジニアの人が話している動画を見たのですが、

今のYoutubeはアップされた動画の内容をロボットが自動解析しているらしいです。

再生数10万回とかの人気動画と似た編集がされている動画が「関連動画」に乗りやすいらしいです。

 

つまり、再生数の高い動画のマネをしろと言うこと。

だから、普段からYoutubeを研究している人の方が強いんです。

5.スピーディーにアップしていく

私達はいま、とにかく本数を増やしたいと思っています。

単純に動画本数が多いほうが、チャンネルの情報量が大きくなるので。

1日2〜3本とかじゃなくても、最低3日に1本はアップした方が良い気がします。

 

あんまり細かいところまで作り込みをしすぎずにサクッと作ってサクッとアップすべきです。

1本の動画の制作に1ヶ月かけても、そもそも見られるかどうかすらわかりませんから。

 

だからといって適当過ぎてもダメです。

「過ぎたるは及ばざるが如し」を踏まえながら「ある程度の完成度」の動画を量産するのがベストだと思います。

6.SEOを意識してタイトル、サムネイルを最適化

自分の動画が「関連動画」に上がったとして、クリックされるかどうかは「タイトル」と「サムネイル」次第だと思います。

どんなに素晴らしい動画でも「タイトル」と「サムネイル」が微妙だと、そもそもクリックされません。

 

どんな「タイトル」にするか?

どんな「サムネイル」にするか?

 

それを決めるのは「自分のセンス」ではなく、データです。

「自分のセンス」を発揮するのは動画だけにしておきましょう。

 

例えば、「カレーライスの作り方」でめっちゃクオリティが高くてわかりやすい動画でも、タイトルが単に「おいしいカレーの作り方」とかだと、クリックされにくいですね。

人気Youtuberなら話は別ですが。

 

あなたが無名で、あなたの事を誰も知らない場合、もう少し工夫が必要です。

 

私だったら「カレーがめっちゃ美味しくなる隠し味」みたいなタイトルにしてみると思います。

あんまりカレーに興味ない人でも見たくなりません?

 

なぜそっちの方がいいのか?

それについては、長文になりますので、また別の機会にご紹介します。

 

サムネイルは人気ユーチューバーのやり方を真似するのがベストです。

ちなみにAdobe製品は使ってません

最初、ガチな動画を作るには「ファイナルカット」のような動画編集ソフトを購入しないといけないと思い込んでいました。

 

でも、実はMacには(Winにも)最初から動画編集ソフトが入っています。

実は、それで十分だったりします。

もちろん、やりたいことにもよるでしょうが。

iMovie最高

Macには最初から高性能な動画編集ソフト「iMovie」が入っています。

個人的に、iMovieは使いやすいので、ずっと使いたいと思っています。

こんな感じで、iMovieなら割といい感じのクオリティの動画がサクッと作れます。

 

実は、かなり有名なチャンネルもiMovieで編集されてたりします。

iMovieのプリセットはユーザー同士なら見ればわかるので。

 

「やっぱiMovieか〜」って感じですね。

YoutubeやるならMacがオススメ

やっぱクリエイティブ系はMacのほうが、何かと都合が良いです。

サクサク動くし。

iMovie付いてるし。

Youtubeやるなら絶対Mac。

うちはMacBook Pro(2.3GHz Core i5 / 8GBメモリー / 256GBストレージ)でやってます。

 

動画作るなら、もっとストレージとか大きいほうが良いと思うかもしれませんが、外付けHDDも駆使すれば、十分ですね。

ただ、Macbook AirよりはProの方が良いことは確かです。

MacBook Pro

オススメの外付けデバイス

MacBookは本体がシンプルなので、外付けデバイスが必要です。

Youtubeをやるなら、

  • 大容量の動画データを保存する「HDD」
  • SDカードを読み込める「ハブ」

この2点が必須です。

HDD

MacBookは本体のストレージの容量が少ないので、データを保存するために、外付けドライブが必要です。

本体のストレージは作業用で、完成したデータは外付けドライブに保存しましょう。

私たちはこれを使っています。

8TBあれば容量気にすること無く、制作に没頭できます。

Seagate 外付けハードディスク 8TB 3.5インチ

ハブ

ハブは本体に装着するタイプも一時期使ってたんですが、接触不良になりやすいのでやめました。

やっぱりケーブルタイプが一番。

私はこれを使ってます。

Cateck 2スロットカードリーダー

 

ちなみに、こちらの製品をMacで使うには「USB C to Micro Bケーブル」を別途購入する必要があります。

目指すは100万人!

チャンネル登録者は数字じゃない!

…と言っておきながら、目指すは100万人!

 

だって、やるからにはいろんな人に見てもらいたいでしょ。

目標があったほうが楽しいじゃん?

Youtube楽しいよ

今、夫婦でYoutubeにめっちゃハマってます。

見る方も作る方も両方。

やっぱり、楽しみながら作った動画のほうが、見ていても楽しいよね?

 

これからも楽しみながら、まったりやっていきたいと思います。

めぐり研究所のYoutubeはこちら

チャンネル登録100人からカスタムURLを申請できる

YoutubeのURLって複雑ですよねw

最初は特に気にしていなかったのですが、プロフィールなどに載せる際、コピペしないといけないのが面倒です。

そこで、調べてみると、チャンネル登録者が100人以上のチャンネルであれば、カスタムURLを申請できるようです。

 

カスタムURLについてはこちらの記事にまとめています。


【その後】チャンネル登録400人達成して思うこと

追記です。

この追記を行っているたった今、チャンネル登録が400人を達成しました。

 

チャンネル登録100人を達成したのが、2019年3月25日です。

そして400人を達成したのが4月15日。

大体、20日ちょっとで400人にまで増えました。

 

チャンネル登録400人を達成してわかったことがあります。

それは、最初の100人が一番大変だったのかもしれないということ。

 

0人→100人はとても大変でした。

ですが、100人→400人はわりとイージーでした。

ともみちゃん曰く「雪だるま式」。

 

最初の100人が達成できなくてお悩みのみなさん。

最初の100人をクリアできれば、後はトントン拍子です。

頑張って下さい。

 

Youtubeは100人超えてからが本当に楽しいですよ。

お互い頑張りましょう!

チャンネル登録お願いします!

そんな、めぐり研究所のチャンネルもぜひ一度のぞいてみて下さい。

Youtubeの方はブログと違って、スピリチュアルに特化して発信しています。

めぐり研究所のYoutubeはこちら

かずひさ

かずひさ

宗教家。 代々神主の家系に生まれ、とある神社の神主として神に仕えている。 また、高野山真言宗にて得度した行者でもある。 10代の頃から霊聴を聴くようになる。 2016年、自己流でのチャクラ修行に失敗し、その報いとしてバセドウ病を患い、発見された時は末期で死の寸前だった。 何がダメだったのかを自分なりに反省し、気を取り直して修行を再開。 2016年11月、止観瞑想の末、身体の浮遊を体感、赤い曼荼羅を見る。 2017年4月大日如来の教えに導かれて悟りを開き、「空」の意味を理解する。 それは単に「無」の意味ではない事がわかった。 また、私が開いた悟りは仏の悟りのほんの第一段階に過ぎない事も理解している。