かずひさ

日本で最も美味い肉!「ル・キャトーズィエム」に行ってきた(京都府京都市)

むかし、誰かから「京都のル・キャトーズィエムっていうお店がめっちゃ美味かった」とういう話を聞いた事があって、

行きたいな〜、行きたいな〜

と思っていました。

 

今は桜の季節。

京都にふらりと枝垂れ桜を見に行ったのですが、

その時、ふと「京都の美味しい肉屋」の事を思い出しました。

 

人気店なので、普段は満席です。

しかし、その時はまだ18時台だったためか、お客さんはまだ一人も入っていませんでした。

ラッキー!

 

念願叶ってやっとこさ「噂の美味しいお肉」を食べる事ができました。


ル・キャトーズィエム

 

食べログ

超絶美味かった!

結論を言うと、これまで食べた肉の中で最も美味でした。

NO.1です。

 

いやいや、これ。

普段、焼き肉とかしか行かない人は、多分衝撃的ですよ。

 

美味しい肉とはこういう事を言うのかと!

肉自体が良いっていうのもあるのでしょうけど、

焼き方が!

 

外はこんがりサクサクしていて、中はトロトロでジューシー。

 

まさしく人生最大の衝撃!

それでは、その一部始終をご覧あれ!

肉の部位

最初に、「この中から選んでよ」みたいな感じで、肉の部位を選びます。

  • サーロイン
  • イチボ
  • ランプ
  • ネクタイ

ふむふむ。

ってよくわからん!

 

スンマセン、僕、ロースとカルビの違いもあんまりわかってないんです。

(かずひさは普段は牛肉を食べません)

 

私「オススメはなんですか?」

店員さん「サーロインが一番オススメです。それと今日はレアな部位であるネクタイがあるので、オススメです。」

私「じゃあ、それで!」

 

というわけで、サーロインとネクタイを食すことにしました!

ネクタイ?

まずは前菜

前菜にハムとサラダを頼みました。

美味!

乾杯!

いや〜。

チャンネル登録200人おめでとう!

 

「なんかお祝いしよう」ということで。

何気に前日ぐらいにめぐり研究所のYoutubeのチャンネル登録者が200人を突破していたので、とりあえずお祝い!

サーロインとネクタイが登場

どどーん!

これ、写真じゃ伝わらないかもしれませんが、

結構なボリュームです。

サーロインのお味は?

まずひとくち目はサーロイン。

感想を言うと神。

焼き方が!

 

外はこんがりサクサク。

中はトロトロジューシー。

 

初めて行く人はサーロインは必須ですね。

サーロイン+何かで注文されると良いかと存じます。

ネクタイのお味は?

ネクタイは少ししか取れないレアな部位だそうです。

この日はたまたまあったので、食すことが出来ました。

 

食感は弾力がある感じです。

 

「美味!」という感じではないですが、深い味わいがあります。

上級者向け。

トロトロという感じです。

白ワインの方が合いそうな感じですね。

支払いはカードが使えないので注意!

お勘定はそれなりの値段でした。

サーロインが7900円。

ネクタイが5200円。

その他もろもろで、しめて17900円のお支払い。

 

高い?

いやいや、全然、安いです。

普通に1万7千円以上のの価値ありましたよ。

まじで美味かったから。

 

「ごちそうさまでした!」

「カードでお願いします!」

 

店員さん「スミマセン、カードは…」

 

まじ!

いやいや、この価格帯ならカード必須でしょ!

駄菓子屋じゃないんだから!

 

私は現金は1万円札を1枚だけ財布に入れておく主義なので、足らないじゃないか!

というわけで、コンビニに引き出しに行くという、謎の時間が発生しました。

ダサい。

 

現金3万円は持っていったほうがいいですね。

 

周りの席を見渡しても外国人がチラホラいたので、こうしたキャッシュストレスで、敬遠される事もあるだろうな〜と思いました。

 

入れなかったら近くのMISSLIMもオススメ

「ル・キャトーズィエム」は人気店なので、入れない場合もあります。

そんな場合は、紅茶でもどうですか?

近くの「MISSLIM(ミスリム)」という紅茶カフェもとても良いですよ。

かずひさ

かずひさ

宗教家。 代々神主の家系に生まれ、とある神社の神主として神に仕えている。 また、高野山真言宗にて得度した行者でもある。 10代の頃から霊聴を聴くようになる。 2016年、自己流でのチャクラ修行に失敗し、その報いとしてバセドウ病を患い、発見された時は末期で死の寸前だった。 何がダメだったのかを自分なりに反省し、気を取り直して修行を再開。 2016年11月、止観瞑想の末、身体の浮遊を体感、赤い曼荼羅を見る。 2017年4月大日如来の教えに導かれて悟りを開き、「空」の意味を理解する。 それは単に「無」の意味ではない事がわかった。 また、私が開いた悟りは仏の悟りのほんの第一段階に過ぎない事も理解している。