• 2018年10月18日

地球に住む「良い宇宙人」と「悪い宇宙人」

地球には既に何種類もの宇宙人がやってきています。 その中には人間から見て「良い宇宙人」と「悪い宇宙人」がいます。   「悪い宇宙人」とは、地球人を支配し、自分たちの都合の良いようにコントロールし、家畜化しようとする宇宙人たちのことです。   「良い宇宙人」とは、地球人を助け、知識やノウハウを与え、人類がより高い次元にシフトするための手助けをしてくれる宇宙人たちのことです。 &n […]

  • 2018年10月16日

日本「畳と女房は新しいほうが良い」とフランス「女とワインは古いほうが良い」を宗教と時間概念の違いから考察する

日本の「畳と女房は新しいほうが良い」とフランスの「女とワインは古いほうが良い」を宗教と時間概念の違いから考察してみたいと思います。 先日、『お守り・お札は集めても良い』という記事を書いたところ、その中で言及した「常若の思想」について、雨ノ森メロウが面白いことわざを教えてくれました。 このネタは宗教による価値観の違いを説明するための、とてもわかりやすい例えになると思い、記事で取り上げる事にしました。 […]

  • 2018年10月16日

『トムとジェリー』の音楽は映像と完全にリンクした究極の映画音楽

『トムとジェリー』をご存知でしょうか? 20世紀初頭にアメリカで生まれたアニメです。 非常に人気のアニメで、近年に至っても新作が作られますが、ここで言及するのはハンナ・バーベラというチームが作った1940年~1958年の初期の作品について言及します。 初期の『トムとジェリー』では登場キャラクターは言語を発さず、キャラクターの動きや心情などはすべてオーケストラで表現されています。 音楽が完全に映像と […]

  • 2018年10月15日

お守り・お札は集めても良い(一年に一回交換する必要は無い)

神社やお寺の「お守り」や「お札」は、一年に一回は取り替えるべきといわれます。 例えば、一年の初め、お正月の元旦に神社に詣でた際に古いお守り、お札を返し、新しいものを受けるという習慣がある人も多いでしょう。 一年に一回交換する考え方の大本は「常若の思想」 「常若(とこわか)の思想」は常に新しいものが良いとする考え方です。 万物は常に循環しており、生死を繰り返すなかで、生まれたばかりの新しいものを神聖 […]

  • 2018年10月12日

ちびまる子ちゃんの「まる子 おすし屋さんに行くの巻」が本当に神回だった

『ちびまる子ちゃん』のエピソードの中でも、神回として有名なエピソードがあります。 それが、「まる子 おすし屋さんに行くの巻」というエピソードです。 このエピソードに関しては雨ノ森メロウ先生(@amellowmori)もたまに話題に出していたので、ずっと興味がありました。   昨日、Amazon Prime Videoで見られたので、満を持して鑑賞しました。 私は『ちびまる子ちゃん』リアル […]

  • 2018年10月11日

「願い事は口に出して言わない方が良い」というのはウソ

願い事は口に出さない方が良い、人に話さないほうが良い、誰かに話すと願いが叶わないと昔から言われます。 果たしてこれは本当なのでしょうか? 結論を言えば、ウソです。 スピリチュアルな面からも、現実的な面からも、あらゆる面で理に適いません。 願い事は積極的に言った方が良いです。 その理由は以下の通りです。 言語化しなければ言霊(ことだま)は発動しない 日本には言霊(ことだま)という概念があります。 森 […]

  • 2018年10月9日

温泉つき!貸し別荘「風林の宿」に泊まる(長野県安曇野市)

長野県の安曇野はとても良い土地です。 私たちは何度も訪れていますが、何度訪れても良いですね。 今回は風林の宿という、貸し別荘に泊まりました。 この貸し別荘、なんと温泉が付いており、一軒家の別荘を貸しきりにしながら、さらに温泉を楽しむ事ができます。 とても贅沢な宿泊施設です。 長野県と言えば別荘 そもそも長野県と言えば、別荘のイメージがあります。 例えば軽井沢などは、都内に暮らすハイソサイエティー御 […]

  • 2018年10月4日

【ガンダム】宇宙世紀のあらすじがサクッとわかる『一年戦争史』まとめ

ガンダムの世界の歴史は時系列に連なっています。 一部の例外を除いて、それぞれの作品が同じ世界の出来事です。 その中でも「宇宙世紀」と呼ばれる、初代『機動戦士ガンダム』から映画『逆襲のシャア』あたりまでの期間の物語は、数々のスピンオフが存在し、最も濃厚で広大です。 全てを網羅するのには、TVシリーズ、映画、OVA、ゲームなど、膨大な作品郡を鑑賞しなくてはなりません。 『一年戦争史』はガンダム愛のこも […]

  • 2018年10月3日

【比較】作曲に使う楽器はピアノとギターどっちがいい?

作曲に使う楽器として、最もポピュラーな楽器はピアノとギターです。 この二つの楽器は、作曲という目的において、とても合理的な構造になっています。 クラシック音楽の作曲ツールとして君臨してきたピアノ とくにピアノはクラシック音楽の作曲やアレンジメントにおいて、これ以上無い最強のツールとして君臨してきました。 人類の長い歴史の中で、ピアノによって作曲された作品は最も多いでしょう。 メロディー、コード、そ […]

  • 2018年10月3日

めぐりがいい人、悪い人の見分け方

めぐり研究所の一大テーマである「めぐり」。 今回はめぐりがいい人と悪い人の見分け方をご紹介します。   人間関係、ひいては人生は「めぐりである」 あなたにとっての「めぐりが悪い人」とはタイミングが悪く、運気が悪くなる人です。 これは恋愛にも職場、色々な面で応用が可能です。 めぐりのいい人と付き合う、自分のめぐりをよくすると、人生が苦悩からいいリズムへ変わるのです。   よく「ト […]

  • 2018年10月3日

占い師はなぜ先生と呼ばれるのか?

この世には「先生」と呼ばれる職業が沢山あります。 お医者さん、弁護士、政治家、漫画家…… そのなかで占い師も「先生」と呼ばれます。 実際、わたしも「先生」と呼ばれる機会はあります。 では何故占い師は「先生」と呼ばれるのか? ということについて今回は考えていこうと思います。 未来を教えてくれるから? 占い師が先生と呼ばれるのは、未来を指し示す存在、相談にのってくれる存在だからではないしょうか? 小学 […]

  • 2018年9月30日

穂高神社は水が綺麗で犬を大事にする神社(長野県安曇野市)

長野県安曇野市はとても美しい町で、行った事の無い方には、ぜひ一度訪れて欲しい場所のひとつです。 穂高神社は長野県安曇野市にある神社です。 ここはかつて安曇野に住んでいた、「安曇族(あずみぞく)」の祖神を祀る神社です。 主祭神である穂高見命(ほだかみのみこと)は安曇族の祖神であり、さらに神武天皇の叔父神ともされています。 安曇族は『古事記』『日本書紀』にも登場する古い氏族です。 現在の北九州付近を本 […]

  • 2018年9月24日

バチェラー・ジャパン攻略法【ネタバレあり】

この記事を書いている時点で「バチェラー・ジャパン シーズン3」の出演者が募集されています。 さて、あなたは数々の出演希望者から選ばれ、「バチェラー・ジャパン」に参加することになりました。 バチェラーは、あなたの運命の人です。 しかし、運命の人と結ばれるためには、他の参加者の中から勝ち抜かねばなりません。 勝ち抜くには、残るには、どうすれば良いか? 筆者は占い師ですが、占い師の見地からバチェラーを分 […]

  • 2018年9月22日

大学のテーマパーク化 – 大学は子供たちに「満足」を売る遊園地

大学というものについて、私たちの親世代である団塊の世代の価値観は今とは少し違いました。 概ね、「いい大学を出ていい会社に入って」という理想的な人生、いわゆる平均以上のホワイトカラーのエリート人生を歩むための、いわば必須条項のような位置づけでした。 しかし、今やその伝説は完全に瓦解しています。 昔は、高卒が当たり前で、大学なんて一部の成績優秀で、なおかつ家にお金がある、本当の意味でエリートたちだけが […]

  • 2018年9月21日

お百度参りをしてわかった事

その時、わたしにはどうしても叶えたいことがありました。 そこで何をしたかというと、「お百度参り」です。 お百度参りとは、お百度石(なければ鳥居)と拝殿の間を100回行き来してお参りすることで、神霊に願いを聞いてもらう方法です。 あれはまだ結婚するずっと前で、神主になる以前のことです。 わたしはお百度参りを一生に一度はしてみたいと思っていました。 そしてある時、満を持して決行しました。 その時は大阪 […]

  • 2018年9月18日

占い師として生計を立てていくにはどうすればいいか?占い師育成完全マニュアル(準備編)

占いのみで生計を立てているのは全体の5パーセント 某占い師によると、占いのみで生計を立てているのは全体の5パーセントらしいです。 本当だとしたら厳しいですね。 実際主婦の方が副業というのは多いと思います。 電話占いやチャット占いは在宅可能ですから、お子様がいらっしゃる方でもできるのが魅力です。 相談者ごとの細切れ鑑定ですからスケジュールが立てやすいメリットがあります。 さて、今回は占い師になりたい […]

  • 2018年9月6日

タロットカードと対話するということ

やや私の主観ですが、「タロットカードと対話する」ということについて書きたいと思います。 タロットは全体的な運勢よりひとつの物事について狭く深く占う タロットカードの特徴として、全体的な運勢、例えば一生であるとか、今後数年であるとかよりは、「なにかひとつの物事について占いたい」という、「狭く、深く深く」という占い方が適しています。 たとえば、「好きな人がいるが、その人とどうなっていくか。またその人が […]

  • 2018年9月2日

ポール・マッカートニー – 理想的な従財格【四柱推命】

ポール・マッカートニー 誕生日:1942年6月18日?時?分 補正:1942年6月18日?時?分 出生地:イギリス リヴァプール ウォルトン 性別:男 命式 時 日 月 年 壬 丙 壬 水・日主 火・偏財 水・比肩 寅 午 午 木火・甲丁 火・丁 火・丁 月日支半合火局 年月支自刑 大運 6歳 16歳 26歳 36歳 46歳 56歳 乙 丙 丁 戊 己 庚 木 火 火 土 土 金 巳 午 未 申 […]

  • 2018年8月30日

韓国のバンドGIFT – 私は彼らの音楽を「空間系ポップ」と名付けよう

私は、新しい音を探し求めてたまにインデペンデントな音楽家をディグるのですが、凄いバンドを見つけました。 韓国のGIFTというバンドです。 少年の路上ライブが始またら観覧していたみんなが驚きました。声もすごく良いですし、ギターを含むバンドのサウンドも最高です。 Youtubeのタイトルは『観覧していた男子学生たちも驚いた.. 信じられない声の少年』とあります。 確かにヴォーカルの少年?のパフォーマン […]

  • 2018年8月24日

占ってはいけないこと

私は4つの禁ということで「死・賭・犯・呪」という4つの占い禁止事項を自分の中に設けています。 私がこれを設けているのには理由があります。 その理由を理解してもらえば、これら4つの禁止事項について占う事が、なぜやってはいけない事なのかがわかってもらえるはずです。 死:人の死期に関する事 人の死は、誰にもわかりません。 命はそれだけ神聖なもので、神様の采配によるものです。 それに対して占い師が介入する […]